プライバシーポリシー

開示・削除・訂正・利用停止等のご請求方法

開示等の求めの方法

開示対象個人情報に関して、ご本人(代理人を含む)から開示・訂正・利用及び提供の停止に関するご要請は、所定の申請書にてお申出ください。ご本人の確認をさせていただいた上で、速やかに対応します。また当社の個人情報の取扱に関するご質問、ご相談にも対応いたします。ただしデータの削除については、法的な保管義務に抵触する場合にはご希望に添えない場合があります。

»開示対象個人情報の開示・訂正・削除・利用停止等の申請書

ご本人の確認について

ご本人確認のために、申請書に以下のいずれかを添付してください。

【個人の場合】
申請書に記載の住所、お名前と同一の情報が記載されている運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかのコピー

※本籍地などの機微情報が含まれる場合は、機微情報部分にマスクしてコピーしたものをお送りください。

【企業、その他団体内の個人の方】 勤務証明書、在籍証明書のいずれかを1通

代理人申請の場合

代理人申請の場合は、本人の署名捺印のある委任状および、委任状におされた本人の印鑑の印鑑証明をご本人確認書類とともにご送付ください。 ※提出書類に不備もしくは不明点がある場合は、その旨ご連絡申し上げますが、所定の期間内にご提示頂けない場合は、開示等の求めがなかったものとして送付頂いた書面をご返送させて頂きます。

開示等の求めに関する費用負担

ご請求いただいた開示対象個人情報の「開示」「利用目的の通知」の求めに関するご回答は本人限定郵便を利用してお送りするため、手数料として1000円(税込み)を申し受けます。
※ご入金いただけない場合は、開示等の求めがなかったものとして、ご送付いただいた書式を返送させていただきます。

その他開示等の求めに関する注意事項
  • 個人情報保護法上対応を要しない場合、所定の書類に不備があった場合等には、開示等の求めに対応できないこともあります。
  • 開示等の求めにともない取得した個人情報は、開示等の求めの対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。開示等の求めに際しご提出頂いた書面は返却致しかねます。
  • 申請書の記載住所(日本国内)のご請求者(代理人宛の場合は代理人)本人宛に書面によってご回答させて頂きます。
  • お問い合わせの内容によっては回答にお時間を頂く場合もございます。
  • 開示対象個人情報の消去の求めの場合において、当該開示対象個人情報を消去させて頂いたときでも、開示対象個人情報の消去の求めの申請書、本人確認の書面、回答書の写しは保管させて頂きます。
  • 開示対象個人情報の利用停止もしくは消去、または第三者への提供停止の求めの結果、当該の開示対象個人情報に対するサービス等はご利用いただけなくなることをあらかじめご了承ください。
開示等の問い合わせ先

個人情報保護相談窓口
Tel:03-5738-0571(月~金 10:00~18:00、除:12:00-13:00)

個人情報についての苦情・相談窓口

個人情報保護相談窓口
Tel:03-5738-0571(月~金 10:00~18:00、除:12:00-13:00)

IT資産管理スタートアップトレーニング

IT資産管理専門ワークショップ

ITリテラシー

個別相談会

pagetop